走行時に音楽を聴く方法

自転車に乗りながら音楽を聴く方法

自転車に乗りながら音楽を聴く方法 自転車に乗っていると、音楽を聴きたくなってしまうものです。しかし、イヤホンを装着して音楽を聴くことは、都道府県で定められている道路交通規則に違反します。
しかし、実は道路交通規則に違反せずに音楽を聴く方法もあるのです。
そもそも、イヤホンを装着するという行為がなぜ違反かというと「運転上必要な周りの音や声が聞こえない状態で自転車を運転してはいけない」という規則に反するためです。
つまり、周りの音が聞こえていればイヤホンを装着していても問題ないのです。そこでおすすめなのがヘルメットに装着するタイプのイヤホンです。
このタイプのイヤホンは耳ではなくヘルメットのストラップに取り付けるため、耳を完全に覆うことがないので音楽を再生していても問題なく周りの音を聞くことが出来ます。
つまり、道路交通規則に違反していないのです。
また、自転車にスピーカーを取り付けるという方法でも問題ありません。しかし、周囲に音が漏れてしまうため、やはりヘルメットに装着するタイプのイヤホンが無難だと言えます。

自転車で横断する際の横断歩道などのルールとは

自転車が道路を横断する場合には、車と一緒でさまざまなルールがあります。
まず、車道を横断する場合には、他の車両の進行妨害にならないように横断する必要があります。横断歩道がない場合には、道路を進行している車両が優先となります。
自転車は横断歩道がある場合には、信号機が設置されている場合は、信号機に従って横断します。信号機がない場合には、道路進行車両よりも優先して道路を横断することができます。
道路に歩道などが設置されている場合は、歩道等の直前で一時停止をし、歩道等を通行する場合には歩行者の妨害にならないようにしなければいけません。
道路に車両横断禁止の道路標識がある場合は基本的には道路を横断してはいけません。ただし、横断場所に自転車横断帯があれば自転車横断帯を通って道路を横断することができます。
一般的に、ルールを守らなかったとしても罰則はないと思っている人も多いようですが、捕まると罰則を受けることになるため、普段から守ることが大切です。

recommend

梅田のセクキャバを検索

2019/2/22 更新